『引き継ぐもの―大和秀雄さん追悼集―』  送料込み1部600円

ご希望の方は、「大和秀雄さん追悼集希望」と明記の上、郵便振替00770-7-46251 加入者名:平和をつくる富山県連絡会 宛てにお申し込み下さい。
【目次】
 僕が今まで歩んできた道
 カラー写真 アルバムから
第一部 差別からの解放と自立を求めて―大和さんの生涯
    生い立ち―大和さんの聞き取りから
    平井誠一さんに聞く 施設から地域へ 

   ―「障がい者」解放運動を共に闘って
    あらゆる差別に反対し、平和運動の先頭に
        大和さんと「平和をつくる富山県連絡会」の思い出 村山和弘
第二部 大和秀雄さんを偲んで 全国、富山の仲間から

小西誠著

「自衛隊この国営ブラック企業」

社会批評社


集団的自衛権の行使が閣議決定され、自衛隊法の「改正」が準備されている。戦争を担う自衛隊の現状はどうなっているのか?いじめと自殺者が続出していることは、訴訟が起こされマスコミでも取り上げているが、実態については知られていない。災害の時に迷彩服で人命救助をするのが自衛隊のイメージではないか。元自衛隊の著者は、自衛隊の任務は戦争であり、「人を殺すための訓練」をしている彼らに人命救助はできないと断言する。そもそも訓練されていないから。3.11原発事故時の例はなるほどと思わされた。

現職、元自衛隊の生々しい声はまさに「ブラック企業」だ。

安倍が「国を守る」と叫んで改憲を進めているが、観念的な「国防」ではなく、平和のために何が必要か、著者の実践的な提起は興味深い。


調査報告 チェルノブイリ被害の全貌 

大惨事から27年,北半球全域を覆った放射能による死者数は約百万にのぼり,その環境被害は今も進行中である――.多年にわたる調査研究と五千以上の文献資料に基づき,被害の全貌を示すデータを系統的に呈示した本書は,衝撃的な真実を告げる警鐘の書であり,フクシマ以後を生きる私たちにとって必携の報告書である.
アレクセイ・V.ヤブロコフ,ヴァシリー・B.ネステレンコ,アレクセイ・V.ネステレンコ,ナタリヤ・E.プレオブラジェンスカヤ、
星川 淳 監訳、チェルノブイリ被害実態レポート翻訳チーム 訳   定価 5,250円
当会では一割引で購入できます。送料別。
ご希望の方はご連絡下さい。

毎週水曜日12時~北陸電力前 ランチタイムアピールやってます!! 

支援物資・カンパ募集

福島の仮設住宅に支援物資を送ります。米・野菜や日常品、カンパ募集しています。

1月24日(火)午後1時から富山東別院会館前

企画の案内

おすすめの本

前田朗著「慰安婦問題の現在」

「朴裕河現象」と知識人 

 増田都子著

「昭和天皇は戦争を選んだ!」    

串崎浩著「田んぼの真ん中、はぐれ雲
 自立する若者たち」

青木泰著

「引き裂かれた『絆』」

小西誠著

「自衛隊この国営ブラック企業」

警察崩壊 つくられた“正義"の真実  原田宏二著