自己紹介

 

わたしたちは、1999年のガイドライン関連法の制定などの動きに強い危機感を抱き、支持政党や宗教、労働組合などの枠を超え、憲法第9条改悪、戦後教育体系の改悪、有事法制の制定など、戦争のできる国家への道を阻む運動を創り出そうと結成した市民団体です。

戦争と差別に反対する街頭行動や講演会などを取り組んできました。

 

2011年3月11日以降、活動の中心は原発問題への取り組みです。

毎週水曜日、北陸電力前のランチタイムアピールに参加し、震災ガレキの広域処理の問題では、富山市山本の最終処分場周辺の池多住民の闘いに連帯して活動しています。

「がれきより人の受け入れを!」福島や首都圏の被災者の受け入れや支援物資を送るとりくみを継続して行っています。

 

現在、安倍政権下で強行されようとしている日本の戦争国家への道を阻止する行動を中心に行っています。

 

毎月例会、年4回ニュースの発行や県内で行われる映画や講演会などの実行委員会に積極的に参加しています。

 

会員募集

会員の方にはニュースを郵送しています。

会員となって一緒に活動しませんか? 年会費一口2000円以上。

会員の方にはニュースを郵送しています。

 

連絡先:〒939-8045 富山市本郷町30-18(岡田方)    
℡:090-3887-4247 

郵便振替:00770-7-46251

毎週水曜日12時~北陸電力前 ランチタイムアピールやってます!! 

支援物資・カンパ募集

福島の仮設住宅に支援物資を送ります。米・野菜や日常品、カンパ募集しています。

1月24日(火)午後1時から富山東別院会館前

企画の案内

おすすめの本

前田朗著「慰安婦問題の現在」

「朴裕河現象」と知識人 

 増田都子著

「昭和天皇は戦争を選んだ!」    

串崎浩著「田んぼの真ん中、はぐれ雲
 自立する若者たち」

青木泰著

「引き裂かれた『絆』」

小西誠著

「自衛隊この国営ブラック企業」

警察崩壊 つくられた“正義"の真実  原田宏二著